飯能市議会の姿勢に共感

本日は、春日部市議会の議員研修会が行われ、私も議会改革特別委員会の副委員長として参加しました。

今回のテーマは「市議会におけるタブレット端末導入について」。ペーパーレス化を目的に、全国で初めてタブレット端末を取り入れた飯能市議会の大津力(つとむ)議員が講師としてお越し下さり、導入の経緯やメリットについてお話して下さいました。

民間会社に比べて、市役所や市議会ではペーパーレス化がかなり遅れていて、いつも書類が山積みになっており、もったいないなあ、と感じております。

また、春日部市議会では本議会の一般質問でパネルを使って説明したり、資料を配ったりすることも禁じられているので、傍聴に来られた方々に分かり易いご説明が充分に出来ません。

飯能市議会は、タブレット導入以外にも、様々な旧い慣例を改めていこうとしていることを知り、その努力に敬意を抱くとともに、春日部も変えていかなければ、と強く思いました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です