新電力で、電気代減りました!

自宅の電力会社を新電力(みんな電力)に切り替えて、最初の請求がありました。

結果から言うと、昨年の同時期に比べて約2,000円も安くなりました。

今年8月分(みんな電力)・・・使用量=255kwh、請求額=7,446円

昨年8月分(東京電力)・・・使用量=332kwh、請求額=9,250円

料金がかなり抑えられたのは、使用量が大幅に減ったためです(マイナス77kwh)。
気温等の条件の違いもありますので、単純に昨年と比較は出来ませんが、
新電力に変えたことで、家族の節電意識が高まったことが、大きなひとつの要因かと思われます。

ちなみに、同じ使用量で比較すると、うちの場合、東京電力と新電力の電気代はほぼ変わりません。
つまり、計算上では同じになるはずの電気代が、結果的には消費者の思考・行動の変化により、大きく下がったということです。

このことは、自分も予想していなかったことで、びっくりしています。
電力自由化に当たり、電力会社の切り替えを迷われていらっしゃる方々に、参考にしていただければ幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です