不正義がまかり通る、この国を憂う

森友学園への国有地売却をめぐり、財務省の決裁文書改ざん問題では、当事者の財務省は言うまでもなく、改ざん前の文書のコピーを財務省に提供していた国交省の官僚たち、そして、責任を追及される立場でありながら、人をくったような態度を取り続ける麻生氏、そして、筋の通らない言い訳を続ける、安倍首相をはじめとする内閣の面々。。

平気で嘘をつき続ける大人たちがこの国を動かしていることについて、我々は子どもたちにどうやって説明すればいいのだろう。

「申し訳ない」。いま、私は自分の子どもに、謝ることしか出来ないでいます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です