「新潮45」休刊

性的少数者(LGBT)の方々を、「生産性がない」とした自民党の杉田水脈衆議院議員の主張を掲載し、世間から批判されながら、追い打ちをかけるような杉田氏擁護の特集号を発売した新潮社の月刊誌、新潮45が、再び大きなバッシングを受けて、休刊することになりました。

とんでもない、偏見と差別に満ちた内容の記事を2度も掲載した雑誌がストップするのは当然として、しかし、「原稿チェックがおろそかになった」などという的外れの理由で、しかも、廃刊ではなく休刊、という新潮社の対応は、到底、納得のいくものではありません。

ただ、私が危うく感じるのは、新潮45に限らず、こうした差別的な雑誌が堂々と発売されることが許されてしまう、いまの日本の空気です。

私はこれまで市議会において、多様性を認める社会をつくっていこうという思いで、LGBTの方々や、不登校の子どもたち、外国人、また、障がい者の方々の自由な生き方や権利について取り上げてきましたが、今回の騒動を受け、これまで以上にそうしたことに積極的に取り組んで行く、という気持ちを強くしました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です